ネットワークへの接続

コンピュータ同士を雪像する物理的な企画には一般的にイーサネットが利用される。ネットワーク上でサービスを提供する仕組みには様々なものがあるが、インターネット上ではTCP IPが利用される。TCP IPは、企業や家庭でのlanでも広く利用されている。

また企業や個人がインターネットに背t属するにはISPを利用する。

  • ネットワークの仕組み

コンピュータ同士を接続し、お互いに通信するには、企画として定められたデータ交換を行う手順が必要となる。現在、最も標準的な通信プロトコルがTCP  IPである。

企業や家庭における限定された範囲内に存在するコンピュータを接続するためにネットワークであるLANでは、インターネット上のコンピュータとの通信プロトコルとしてはTCP IPが使われ、LANないの物理的な機器の接続にはイーサネットという企画が利用される。

TCP IPによるネットワークでは、IPによる通信を行うためにネットワーク内のコンピュータ全てにIPアドレスを割り当て、IPアドレスによって通有心する相手を指定する。インタネット上のコンピュータには重複することのない、グロバルIPアドレスが割り当てられているが、企業や家庭におけるLANでは、複数の組織が重複して使用しても構わないプライベートIPアドレスが使用される。プライベートIPアドレスの使用にはIPアドレスの節約や外部からの侵入に対するセキュリティ確保などの意味がある。

ファイルやプリンタの共有など、ネットワークにおけるサービスを提供するコンピュータをサーバーと呼び、ファイル共有サビスを提供するサーバーであれば、ファイルサーバー、プリンタ共有サービスを提供するサーバーであればプリンタサーバーなどと呼ばれる。また、サーバーにサービスを要求するコンピュータをクライアントと呼ぶ。このようなサーバーとクライアントによるネットワーク形態をクライアント・サーバ方式と呼ぶ。また、サーバーを介することなくネットワーク上のコンピュータ同士が直接通信する形態をpeer-to-peer方式と呼ぶ。

インターネトはTCP IPを利用したネットワーク同士が相互接続され、世界中に広がったものである。ネットワーク同士の間にはルータが置かれ、ルータ間は光ケーブルなどの接続回線によってつながれる。もちろん、ルータにもIPアドレスが割り当てられている。

  • インターネットへの接続

家庭からインターネトに接続する方法として、電話回線やISDNを利用したダイアルアップ接続とADSLや光けーぶろを利用したFTTHなどによる常時接続があるが、現在では、ADSLやFTTHが主流になっている。いずれの例もISPと呼ばれるインターネット接続業者を介して接続できる。

PICKUP:東京のホームページ作成会社・・・・アドマノ株式会社